モヤシっ子改造計画

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車のマナーの悪さを憂う

2013.07.30.Tue.23:05
このようなニュースが出ていました。

自転車の少年「どかなかった」…男性殴り死なす

口論の相手を殴り死なすというのは、この犯人が特別程度が悪いですが
(しかも相手は69歳という高齢の方)

自転車が歩行者と接触しかけて自転車側逆切れ
という光景はしばしば目にします。

歩道では歩行者優先、という前提を知らないからこその振る舞いのように感じます。
実際に自分も、高校を自転車通学していた頃
そんなことは露知らず歩行者への配慮というものは頭にありませんでした。

思い返すと、前に歩行者が横並びに歩いていて自分が自転車で
通るスペースがないとすると、ジリジリとうるさくベルを鳴らしていた記憶があります。

自転車は基本車道、歩道を走るなら歩行者優先
というルールを知らなかったがゆえの行ないでした。

逆の立場で昨日は横断歩道で自転車に接触されかけました。
まぁそれも、
逆に横断歩道で停止する自転車を見つけるほうが困難なくらいな状況です。


もう少し自転車の交通規則を啓蒙すべきと感じます。
が、
ウチの近所では、道路に面した商店通りがあり
ただでさえ狭い歩道を、自転車が走るような状況に
商店組合が、「自転車は押して歩いてください」
との張り紙をしているにもかかわらず
あろうことか
交通規則を守るべき警察が
パトロールだと思いますが、自転車で駆けて行く始末
文句言ってやろうかと思いました
スポンサーサイト

my Mac

2013.07.29.Mon.01:20
Mac

明日から新しいプロジェクトが始まります。
開発するのはipad用アプリということで、Macを用意しました。

中古で買ったもので
スペックは 
CPU Intel Core 2 Duo
メモリ 2G
OSはLionで、Xcode4.63をインストール出来ました。

ギリ開発に耐え得るかなという感じ


まぁ、まだアプリの構成を練る段階なので
バリバリ使い込むのはもう少し先です

明日行ったら3連休!

2013.07.12.Fri.00:25
6月は祭日が無く、さらに休日出勤が続いたので
先月から待ちわびていました。

あれやこれや、やりたいこと、やらなければいけないことを考えていたら…

持ち帰りの仕事が出てしまいました。
期限が7月22日ということで、それまでにある休日は全部で5日
丸々それに当てないと完了させれない感じです。
なんてこった

ちなみにやりたかったことは
・映画を観にいく
・ジムに行く
・風呂屋に行く

やらなければいけないことは
・土曜日に歯医者に行く

です。
歯医者はいい加減行っておかないと。
3月か4月に歯の詰物が取れてからずっとほったらかしになっています。

映画と風呂屋は諦めよう
ジムは行きたいなぁ

今はトレーナーがいないので、自分でメニューを考えないとダメなんですが

省庁の内部情報、グーグルグループで誤って公開

2013.07.11.Thu.00:25
省庁の内部情報、グーグルグループで誤って公開

設定が間違っていたことにより、情報が公開になってしまっていたとのことですが
そもそも、国の重要な情報のやり取りを海外のサービスを使って行なってるってどうなの?って感じです。
他国との交渉の情報もその中に含まれていたようで
大丈夫かこの国は…

ただ、こういうインフラって海外産のものがほとんどですけどね。
google、Dropbox、skype、LINE、etc
私も使っていますが、情報が完全に秘匿されているなんて思ってないです。
ただ、自分がやりとりしている情報がそれほどの価値を持たないものなので気にしてないですが

国の機密事項をやり取りするのに使うというのは信じられないですね



話は変わりますが、スノーデン事件で諜報活動の対象となっていた事が発覚した国々がアメリカに対し、非難の声明を出す中で、日本は対象となっていたにも関わらず完全にスルーですよね
情報の守秘をいうことを諦めきっちゃってるんでしょうか

人生設計、目標設計

2013.07.06.Sat.20:35
最近、佐竹雅昭の著書「まっすぐに蹴る」を読みました。
活字の本を読まなくなって久しかったのですが
結構読み応えがあり、サクサクと読み終えてしまいました。
(この本が書かれた2003年頃、格闘技全盛の時期に読んだらもっと面白思います。)

しかし、格闘技界の裏話的な部分よりも
むしろ佐竹雅昭という人間の人生設計の上手さについて感心しました。
成功した人というのは、やはりプロセスというものをよく考えて
実践して成しえるのだなと。
それが前例のないものであるなら、尚更なのかもしれませんね

私が、K-1でチャンピオンになっていない佐竹を成功者だと思うのは
先駆者としての部分です。
今でこそ、職業としての「格闘家」というものが確立された感がありますが、
それまでゲームや漫画の中の話だった「格闘家」という職業を
はじめに開拓したのはこの人でしょう。
著書にもありますが、参考にしたのは『空手バカ一代』だそうで
まさに漫画の世界だったものを、現実のものにしたということです。

また、この著書では将来の目標として政治家というものへの意欲をチラッと覗かせていて、
著書から10年が経過したこの参院選で、自民党から比例候補として擁立されています。

人生設計、目標設計、それに対してのアプローチは見習うべきものが多分にあります。

余談ですが、佐竹の前歯が無いことについて
今までずっと試合で折れたのだとばかり思っていましたが
実は格闘家の道を後戻りできないように、自ら歯医者で抜いたのだそう。
(八重歯で試合に際して都合悪かった部分もあるようですが)
もっともこれは堅気の生き方には参考に出来る部分ではないですけど(笑)


なんか、こう書くとすごく佐竹を絶賛しているように見えてしまいますが
選手としての佐竹雅昭は
K-1では強豪選手にコロッとKO負けする。
PRIDEでは村上一成にTKO勝ちした以外、全負け
期待を裏切られ続けた感があり、あまり好きではないです。
重ねて
小川直也戦についての著書での言い訳はちょっと残念でしたしね




 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。