モヤシっ子改造計画

APIレベル 10

2013.03.16.Sat.23:43
以前から、Androidアプリを作る際は
未だAndroid2.33-2.37(APIレベル10)への対応は考慮しておくべきとは考えていました。

ですが、シェアなどについてはそんなに深く調べてなくて
機会があってググってみて驚きました。

世界規模かつGoogle Playへのアクセス統計での数値ですが
2013年3月4日現在でAndroid2.33-2.37の端末が44%にも上っています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Android


先週APIレベル14-15向けに作ったアプリを、APIレベル10でも動作するよう手を加えてみました。
開発環境はEclipse
手始めにAndroidManifest.xmlでミニマムレベルを10にしてリフレッシュしても
×が何処にもつかなかったので、いけると思ったのですが…
個別のJavaファイルを更新保存してようやく指摘が出るんですね
タッチイベントの種類を取得するgetAction()や、
ほかアプリの根幹に関わる部分で使えない記述があり、ムリでした。

またレイアウトに関して、同じレイアウトXMLファイルでも
APIレベル10とレベル14では、描画のされ方が違いました。
レイアウトに関しては
APIレベル14で思っているとおり描画されているとして、APIレベル10で崩れていることはあっても
APIレベル10で思っているとおりでAPIレベル14で崩れることはありませんでした。

APIレベル10-の対応を考えたアプリの場合、当初からミニマムレベルを落とし
その環境の端末やエミュレーターでテストしないといけないですね。


開発用にAPIレベル10のAndroid端末の白ロムを買おうかなと思っています。
買いました。

コメント


管理者のみに表示